第9期運動方針   2016年11月20日 

全国医師ユニオン総会が11月20日開催され、第8期運動方針が下記のように決定されました。

第9期運動方針目次

1、医師労働をめぐる情勢

  1.労基法違反と過労死

  2.「医療勤務環境改善マネジメントシステム」

  3.ストレスチェック

  4.新専門医制度

2、この一年の主な取り組みと来期の課題

  1.第5回医療労働研究会

  2.「パワハラ緊急報告会」とパワハラに関する取り組み 

  3.厚労省要請行動2016
   (1)医師労働における労働法の遵守
  (2)勤務医の負担軽減に関する支援センターの実績の公表と実効性のある制度への改正
  (3)交代制勤務を前提とした必要医師数の推計
  (4)医療安全に関して 
   (5)医療機関におけるパワーハラスメントについて
   (6)医療機関における産業医の問題とストレスチェックの徹底

  4.シンポジウムや情報発信に関する活動

  5.勤務医労働実態調査2017に関して

  6.ILOやWHOへの働きかけ

  7.組織活動

3、第9期の中心的な活動

  1.労災・過労死裁判等の支援

 2.医師労働及び診療環境改善に関する取り組みと情報発信

 3.勤務医労働実態調査2017の実施

 4.医療機関におけるパワーハラスメントを無くす取り組み

  5.医療事故調査制度に関する取り組み

  6.「医療勤務環境改善マネジメントシステム」を実効性のある制度に変える取り組み 

  7.ILOとWHOへの働きかけへ向けた取り組み

  8.他団体との協力関係の強化

  9.全国医師ユニオンの組織強化

  10.医療再生の国民運動の取り組み