安全な医療のための「働き方改革」 (岩波ブックレット)

2019/4/6発刊

 

医師ユニオン代表の植山直人が書籍を発刊しました

是非お手に取って、一読を頂ければ幸甚に存じます。

《内容》

医師にはなぜ、過労死ラインの倍の残業時間が許されるのか? 連続30時間を超える労働や夜間診療の恒常化はわたしたちに何をもたらす? 万人に共通な睡眠不足による悪影響を科学的にふまえたうえで論じる。問題の解決は医療過誤をなくすだけではない。厚労省で医師の働き方が検討されている今こそ未来のための国民的議論を求む!

著者略歴

植山/直人
1958年福岡県生まれ。鹿児島大学医学部卒業。東北大学大学院経済学研究科修士(福祉経済学専攻)。現在、全国医師ユニオン代表、医療生協さいたま行田協立診療所勤務、行田市医師会理事、ドクターズデモンストレーション代表世話人。内科医として在宅医療、産業医として労働安全衛生に力を注ぐ

佐々木/司
1965年秋田県生まれ。千葉大学大学院自然科学研究科修了。博士(理学)。労働生理学者。現在、(公財)大原記念労働科学研究所上席主任研究員。主な研究課題は過労死・過労自死の理論労働科学研究、労働者の慢性疲労と睡眠に関する研究、労働者の健康を念頭においた睡眠評価法の開発(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

 

植山00_