第8回医療労働研究会を11月に開催します。
今回のテーマ「医療機関のパワハラを考える〜どうやって身を守るのか?」

日時:2016年11月20日(日)
13:30〜17::0
場所:東京国際フォーラム
費用:500円
講師:笹山尚人氏(弁護士、東京法律事務所)
申込:https://ssl.form-mailer.jp/fms/053da19d463834
内容:
1部 ゲスト講演  (13:30〜15:00)
2部 ワークショップ(15:10〜16:40)

今回はパワハラに詳しい、笹山尚人弁護士をゲストに迎えまして、パワハラの被害にあわないにはどうすべきか、あるいは意図せずに加害者に成らない為にはどうすべきか、という話と、また実際の裁判になった場合の話などをして頂く予定です。
事前に、質問なども募集しますので、是非、聞いてみたい事がある方はご参加ください。

また後半はワークショップ形式で、パワーハラスメントについて各テーブルで意見交換をして頂きます。
医療現場では人の命が掛かるケースなど、マネジメント上、どうしても強い言葉で注意を促すケースがあります。医療安全上、こうした言葉遣いなどが有効なのか、などもパワーハラスメントの議題になりえると思います。
以前にパワーハラスメントを経験された方や、またマネジメント職として学びたい方など、是非お越し頂ければと思います。
参加資格として、特に医療職に限りませんので、ご興味を頂けましたら、是非ご参加頂ければと思います。

研究会案内(PDF)%e7%84%a1%e9%a1%8c