2011年6月25日 ドクターズ・デモンストレーション2011 記者会見を開催

ウオーク会見2-thumb-200x150-92

1)趣旨

 私たちは、医療崩壊と呼ばれる医療の危機に際して、この秋に医師・歯科医師として国民に向けた大きなアピールの企画を行うことにしました。2012年度の医療・介護報酬の同時改定は、日本の医療再生にとって極めて重要です。2009年総選挙での民主党マニュフェストでは、医療再生のために1兆2000億円程度の緊急予算やOECD平均の医療費をめざすことが謳われていましたが、現実は診療報酬0.19%増という微増に終り、医療再生にはほど遠い結果に終わりました。私たちは「医療再生に必要な診療報酬の改定」を求め、これまでにない大きな運動を起こすことが必要であると考えています。

 この度は、東日本大震災という未曽有の危機がありました。私たちは、かかる大震災後にこそ、被災地の医療・福祉の再生にとっても、国民皆保険を守るアピールや診療報酬の増額の要求が必要であると考えました。そして、震災復興における医療・介護面での国の責任による解決を求めることを、目的の一つとしました。大震災を受けて診療報酬の改定が延期される可能性もあるかに聞き及んでいますが、仮に延期となっても、現場の医師が医療再生に必要な発信を行うことは極めて重要であると考えます。

 これまで、日本を代表する多くの方がこのままではいけないと危機をつのらせ大きな運動が求められていると語っています。そして、デモやストの必要性を語る方もおられます。日本においては1961年の国民皆保険開始に先立って、東京医師会の呼びかけで8000名の医師が集まり、集会とデモ行進を行った歴史があります。

 私たちは、「呼びかけ人」の方々と共に、一人でも多くの医師・歯科医師の方々に呼びかけを行い、医療再生へ向けたメッセージを集めて具体的な要請文を作成し、11月20日(日)に1000名規模の医師・歯科医師の集会とドクターズ・ウォークを目指すものです。そして、全ての国会議員及び厚生労働大臣と財務大臣に要望書を渡したいと考えています。

 またこれに先立ち、9月23日に宮城県で「震災と医療再生」(仮題)に関するシンポジウムを開催することや10月に医師・歯科医師によるドクターズ・ランニングの企画も検討しています。

 私たちは、医療崩壊の現状を多くの国民に理解していただき、医療費抑制政策から医療再生への転換をはかり、国民が安心できる医療を実現させるために、多くの医師・歯科医師の方々が参加することを心から呼びかけるものです。

2)組織と体制に関して

 ・世話人会について   呼びかけ人の中から世話人を選び、世話人で運営を行う。

 ・呼びかけ人に関して  2段階で集める。

  第1次:各組織及び著名な医師・歯科医師(本日発表分:別紙参照)

  第2次:著名医師をはじめ、全ての医師の国会議員、医学部長病院長・歯学部長及び

      全ての地域医師会長等に要請を行う。

      医師・歯科医師以外の医療関係者、患者の方々やジャーナリスト・弁護士等の市民にも要請を行う。

 ・賛同人について(一口1000円で賛同人になっていただく)

   各都道府県を中心に、参加できる医師・歯科医師を中心に集める。

   目標は1000名とする。締め切りは10月末とする。

 ・その他、可能な都道府県は実行委員会を作り医療再生に関するシンポジウム等を行う。

   *呼びかけ人・賛同人は、随時ホーム・ページ、ニュースで公表する。

3)主な企画

 1)医師・歯科医師の医療再生メッセージを集める。(厚労省・国会議員等に渡す)

 2)医療再生に必要な政策の要請文を作り、厚労省・財務省等・国会議員に渡す。

 3)「震災と医療再生」(仮題)シンポの開催

   宮城県にて9月23日(金・祭日)午後 シンポジウムを行う。

 4)ドクターズ・ランニング(詳細は未定)

   10月の日曜日に全国各地で、医師・歯科医師が走ってアピールする企画を行う。

 5)ドクターズ・ウォーク

   11月20日(日)午後 日比谷野外音楽堂にて集会開催、その後デモ行進を行う。

4)宣伝等

  ・ポスター・チラシ・ニュースを3回程度作り発送する。

  ・バッジを作り、賛同者に1個、1000円で買ってもらい、運動を広げる。

■呼びかけ人

  (五十音順)

 井上博之(松島海岸診療所歯科医師)

 色平哲郎(佐久総合病院)

 植山直人(全国医師ユニオン代表)

 宇佐美宏(全国保険医団体連合会歯科代表)

 榎木英介(病理医・科学ジャーナリスト賞2011受賞)

 香山リカ(立教大学教授・精神科医)

 北澤彰浩(日本医労連医師対策委員会委員)

 黒川 衛(医療再生フォーラム21世話人)

 今田隆一(宮城県災害拠点病院 坂総合病院院長)

 住江憲勇(全国保険医団体連合会会長)

 遠山義浩(小樽脳・循環器病院理事長)

 中澤堅次(NPO法人医療制度研究会理事長)

 中島恒夫(全国医師連盟代表)

 日野秀逸(東北大学名誉教授)

 藤末 衛(全日本民医連会長)

 邉見公雄(赤穂市民病院名誉院長)

 本田 宏(NPO法人医療制度研究会副理事長)

 牧田俊則(大阪赤十字病院 循環器内科)

 宮沢裕夫(松本歯科大学大学院教授)

ドクターズ・デモンストレーション2011

 〜震災復興・医療再生ドクターズ・ウォーク〜 スローガン・要請項目(案)

 ■スローガン(案)

  ・東日本大地震被災者の命と健康を守ろう

  ・日本の医療を守ろう

  ・国民皆保険を守ろう

  ・医療難民・介護難民をなくそう

  ・医療従事者の健康と生活を守ろう

 ■要請項目(案)

  ・東日本地震被災者の医療・介護保険の保険料と自己負担の長期的な免除(減額)

  ・OECD並みの公的医療費

  ・保険財政への国庫負担の増額

  ・無保険者の救済

  ・患者負担の軽減(窓口負担の軽減)

  ・必要な医療には全て保険適応を

  ・ドラッグ・ラグの解消を

  ・ワクチン無料化の推進

  ・医療における消費税の0税率

  ・企業に応分の保険料負担を

  ・OECD並みの医療技術料の算定

  ・OECD並みの勤務医の労働時間を目指した医師数養成

  ・OECD並みの医学研究費

  ・OECD並みの医学教育費

  ・療養病床の削減中止

  ・医療スタッフの養成数の増員

  ・医療安全従事者の配置コスト

  ・現状に合わない古い医師法の改正

  ・保険適用の範囲を広げ、保険で良い歯科医療の実現を

  ・歯科技工士、歯科衛生士の技術と労働の適正な評価を

  ・介護職員が生活できる介護報酬

  ・医療・介護での雇用の拡大